SNSを使わない人たち

肉体的な疲れが蓄積される

画面を見続けていると目が疲れる

何時間もスマートフォンの画面を見ていることが原因で、眼精疲労という病気になる人が見られます。
特にSNSの投稿をチェックしていて、いつの間にか何時間も経過していたということが多いです。
眼精疲労は目が痛くなることはもちろんですが、首や肩に痛みを感じたり、頭痛の症状が起こったりします。
肉体のいろんなところに症状が見られるので、油断しないでください。

目が疲れたと思ったら、すぐに利用を控えて遠くを見るなどの対応をしましょう。
しかし毎日そんなことを続けていると、次第にずっと目の疲れや肉体の痛みを感じるようになります。
思い切って、SNSをやめてください。
SNSをやめても、特に不便なことはないと気づく人も多いです。

仕事に支障が出る恐れ

SNSを見続けていて身体に疲れが蓄積されると、脳にも影響が出ます。
集中力が低下する恐れがあるので、注意して使ってください。
仕事をしている時も集中できないので、作業スピードが遅くなったり、ミスが多くなったりします。
自分の仕事が滞ると、会社で働いている全員に迷惑を掛けると忘れないでください。
会社で起こられる回数も増えて、次第に仕事をするのが嫌になってしまうかもしれません。

負の連鎖に陥るので、SNSの使い方を間違えないでください。
すでにSNS依存症の兆候が見られている人は、深入りしないうちにやめることをおすすめします。
SNS依存症が原因で、仕事を失う人も見られます。
仕事をクビになったら、次の食を見つけるのが大変です。