SNSを使わない人たち

危険なこともあると忘れない

ストーカーの被害に遭う

顔写真を載せていると、フォロワーからの反応が良いです。
ですからたくさん載せている人が見られます。
しかしストーカーが自分の投稿を見て、個人情報を特定できる写真を探している可能性があります。
細かく写真を見れば、どこに住んでいるのかなんて簡単に知られてしまいます。
個人情報の流出を恐れて、SNSをやめる人が増えています。

人とコミュニケーションを取るのに欠かせないので、SNSをやめることはできないと感じる人がいるでしょう。
その人は、SNSにどんなことなら載せて良いのか真剣に考えてください。
自分の顔や家の写真はもちろん、自宅までの帰り道なども危険です。
自宅から見える風景も、家の方角を知られる危険性があるので避けましょう。

お店の情報も書き込まない

写真を載せていなければ、SNSで個人情報が流出する心配はないと油断している人が見られます。
しかし文章で、このお店に行ったと書くことも同じくらい危険だと覚えておきましょう。
よく利用するお店をSNSで紹介していれば、自分の行動範囲を相手に知られてしまいます。
お店で、待ち伏せされるかもしれません。

SNSは情報を集めるのに便利なツールですが、ストーカーがターゲットの情報を集める時にも活用していると忘れないでください。
危険な目に遭ってからでは遅いので、SNSを控えても良いでしょう。
また、特定の相手だけ投稿を見られるように設定できるSNSもあります。
一般的なSNSよりは安全性が高いので、危険に巻き込まれる可能性は低下します。