SNSを使わない人たち

SNS離れが進んでいるってホント?

デメリットを把握する

SNSが原因で気分が落ち込んだり、ストレスが溜まったりします。 精神に悪影響を及ぼすので、そんな時はSNSを控えてください。 ストレスが溜まることが原因で、SNSを離れる人も増えています。 生活に支障がなければ、やめるのも1つの方法です。 SNSから離れて、精神を落ち着かせましょう。

精神面に悪影響を与える

SNSを使っていると、大きなストレスが溜まると言われています。
友人が投稿したら必ず反応しなければいけないと、義務に感じている人が見られます。
また自分の投稿に反応が来ないと、気分が落ち込んでいる人も見られます。
それはもはや、SNS依存症だと判断できます。
ずっとSNSを使っていると依存症になって、精神に悪影響を与えます。
ですから近年は少しSNSから離れて、気持ちを落ち着けている人が増えています。

また精神だけでなく、肉体にも悪影響を与えます。
ずっとスマートフォンを見ていると目が疲れて、眼精疲労などを引き起こします。
疲れが溜まると、仕事をスムーズに進めることができないので、仕事中に迷惑を掛けてしまうでしょう。
SNS依存症になっている人はスマートフォンをずっと見ているので、目に良くないです。
自分では依存症でないと思っても、使い方を振り返ると使いすぎていることに気づくかもしれません。
使いすぎだと思ったら、SNSをする頻度を減らしてください。

SNSから、個人情報が流出する危険性があります。
写真を掲載したことが原因で、住所を知られるかもしれません。
顔写真や、近所の写真を掲載するとすぐに知られます。
ストーカーの被害に遭うことも多いので、怖い体験をした人もいるでしょう。
写真を掲載していなくても、今日はこのお店に行ったなどと投稿すると、自分の行動範囲を知られます。
自分の身を守るために、SNS離れる人が増えています。

肉体的な疲れが蓄積される

スマートフォンで簡単に、SNSをチェックできるという面がメリットです。 手軽なので、よくSNSを利用している人が見られます。 しかしずっと使っていると、目や脳に悪影響を与えると言われているので注意してください。 集中力が低下したり、眼精疲労になる可能性があります。

危険なこともあると忘れない

写真を投稿できるSNSが多いです。 お気に入りの写真を、みんなにも見てもらいたいと思って投稿する人がいるでしょう。 しかし、投稿する写真に気をつけてください。 写真から、個人情報が流出する危険性があります。 安全な写真を見極めてから、SNSに載せましょう。